康木祥カンムシャン氏(生命)木彫り

_MG_5954

13歳から伝統的な木彫りを接触、30年経ても木彫りに対するの情熱さを変わらず、そして命の大切さと愛を理解する、作品にその情熱さを表現します。

命の大切さを受け入れ、神の恵みを「生命の源」に準拠として、作品に表現。

「自然と生命に対する愛、苦しみを超えて、創造の喜びに転換、伝統に超えて、痛みに越えて、創作の力に変えてゆく。」

そして、命の対する愛を共有する 康木祥カンムシャン

創造の過程は、プロセスのように常に醸造されている – 木材の選択、作品を創作中にまるで人生の経験を持つお互いの対話、一気に作品を完成、創作中に、重いチェーンソーを背負って、おがくずを無視、作品の製作に没頭する、創作に対するの情熱さを作品に表す。

Slide background
Slide background
Slide background